Dr's DYMOCO 整形外科のいる予約制靴店

観る―動きの中で身体のトラブルを捉える

DYMOCOフィッティング

身体のトラブルは、様々な要因から発生していると考えられます。
通常は、トラブルが出現した部位のみの問題として捉えられがちですが、我々はその原因を「歩く」という動きの中で捉えています。
即ちそれは、歩行中のバランスの崩れを歩行観察という中から見つけ出します。
そこで、DYMOCOインソールを作製する前に、まず「聞く」ことと「観る」ことによるきめ細かな情報収集を行わせていただきます。

1.情報収集(ヒヤリング)

当店のフットケアトレーナーが、足に関して気になることをきめ細かくヒヤリングします。
トラブルの部分だけでなく、そこが痛くなった原因が何なのか、もともとの足の形のためなのか、足に合わない靴を履き続けたせいなのかなどを詳しくお聞きします。

2.足のサイズ計測

足のサイズ計測は、足にフィットする靴を選び、DYMOCOインソールを製作する際のベースとなります。
足趾(足の指)が浮いた状態(体重がかかっていないとき)の足囲と足幅、立ったときの足の状態(体重がかかっているとき)の足長、足囲、足幅をフットゲージとメジャーを用いて計測します。

3.理想とする靴サイズ

足のサイズ計測から分かった数値に照らし合わせて、お客様に合った理想とする靴サイズ(A、B、C、D、E、2Eなどのウイズも含めて)を予測します。

4.フットプリント採取

5.静止立位姿勢の観察

静止立位状態での左右のバランスや足底圧分布状況が分かるフットビュークリニック
ニッタ株式会社製)でその状況を確認します。
さらに、静止状態での肩や腰の傾きをチェックし、全身のバランスを観察します。

6.歩行姿勢の観察

歩き方を詳しく観察して、バランスをチェックしていきます。
フットケアトレーナーはこの段階でパッドの形状をイメージします。

7.ご説明

トラブルの原因がどこにあるのか、静止状態、歩行状態のときにどんなバランスの崩れがあるのかを丁寧に説明します。

このページの先頭へ戻る▲